ショコラの独り言

自己満記事ですみません。我が子の可愛いエピソード【次男編】

我が子の可愛いエピソード、次男編です。
こよなくママを愛してくれている次男くん。
年少の今ならではの可愛い瞬間を残しておきたくて、覚えておきたくて記事にしてみます。

かなり親バカ全開ですが、息子達が成長して生意気になってきたら、見返して癒されたいと思います。

僕は正義の味方!ママを助ける!

ある日、パパとママの意見が食い違い、小競り合いになった時…
(本人達は喧嘩をしているつもりは全くなかったのですが)

突然、顔を真っ赤にした次男くんが、『うおぁぁあ〜!』と雄叫びをあげながら、パパにパンチをしてやっつけようとしてくれました。
初めはどうしたのかわからなかった大人二人でしたが、ママを守ろうとしてくれたことがわかるとホッコリ。その後、子供に心配させてはいけないと夫婦仲良しアピールをしたことは言うまでもありません。

「守ってくれてありがとう」と言うと、ぎゅーっと抱きついてきました。

あぁ、かわいい❤️

体格でもパワーでも勝てるはずのないパパに、勇敢にも立ち向かってくれた次男よ。
本当にありがとう。

ママと結婚する!

次男
次男
オレ、お母さんと結婚する~!

子供ってよく言ってくれますよね。

『ママと結婚する宣言』

先日次男が言ってくれたので、意地悪にもこんな風に返してみました。

「ありがとね。でもさ、ママはパパと結婚してるから、次男くんとは結婚できないんだ。ごめんね」

すると、え〜!いやだ〜!と泣き出す次男。

そこへさらに突っ込んでみました。

「じゃあ、ママ、パパと離婚するわ!そしたら次男くんと結婚できるね」(←自分でも意地悪だと思うけど…苦笑…)

そしたらちょっと考えて、『いや〜!』とまた泣き出す次男。そりゃそうだよね。アトアジ悪いな。

最後は、「結婚でなくてごめんね。でも、ママは次男くんが大好きだよ」と愛を確かめ合い、アツイ抱擁を交わした母子なのでした。

あまりにかわいいので、ちょっと次男で遊んじゃったママでした。反省。

「クソババア」が出たら子育て終了?

いつかそんな日がくるんですかね?今では想像もできませんが、いつか来るであろう反抗期

クソババアという子供の心理は、どういうものなのでしょうか?
大人になる過程で、思春期の子供達は、不安や矛盾、自己主張や不満など、色々なストレスを抱えています。そのやり場のないモヤモヤが反抗的な態度を生み出していることがあります。
この反抗的な態度は、母親に向けらることが多く、これって、ある意味甘えているんですよね。母が受け止めてくれることをわかっているから。そして、「ママ~!」とか「お母さん」とか呼ぶのも恥ずかしくなってくるようです。(特に人前だと)その結果、「クソババア」という単語が出てしまうこともあるそうです。
反抗期が来ない子もいますが、反抗期が来てしまったら、息子が大人へ成長している証拠。
着かず離れず、そっと見守りましょう。

例え、クソババァと言われても、平気な顔をしていられるように、ドーンと構えて待ち構えたいと思います。

ABOUT ME
ショコラ
ショコラ
2011年生まれの長男と2014年生まれの次男を育てている主婦、ショコラです。もう、男の子って訳わからん!未知の生物を育てているようです。 男の子育児で実践していること、悩んでいること、おススメなことなどを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください