体の成長

背を伸ばす食べ物を調べる!必要な栄養が取れるメニューは?【part3】

背を伸ばすシリーズで色々調べていますが、今回は栄養について。

ショコラ
ショコラ
子供の背を伸ばしてあげたいと考えるお母さんは一番知りたい項目ですよね。

自分で選んで食べることができない子供にとっては、学校の給食や母が作る毎日の食事が全てです。毎日の食事の中で、少しでも背を伸ばすのに必要な栄養素をプラスしてあげることで、子供の最終身長が変わってくるかもしれません。

ショコラ
ショコラ
なんか、そういわれると、かなりプレッシャーだわ…
私がチビだから、私と一緒の食生活してたらダメってことね(トホホ・・・)

過去の背を伸ばすシリーズはこちらから。

寝る子は育つ?成長ホルモンと睡眠の関係【part2】成長ホルモンをたくさん分泌するには、睡眠が重要なコトは、みなさん、周知の事実ですね? では、具体的にどれくらいの時間、どのような睡...
背が高い男の子に育てたい!どうすればいい?徹底的に調べてみた。【part1】いきなりですが、私はチビなんです。 だから、自分の子供が男の子と分かったとき、一番に心配したこと。 別に、背が低くても健...

背を伸ばすのに必要な栄養素

昔から、背を伸ばすには牛乳!と言われていますが、それだけでは大きくなれません。他にもいろいろな栄養素が必要になってきますので、とりあえずザザーッと調べてみました。

タンパク質

何はともあれ、体を作るもと!コラーゲンの材料となり骨端線に働きかけるのに必要な重要な栄養素です。主に肉・魚介類・卵・大豆・乳製品に良質なものが多く含まれています。特に、牛肉やレバーは、成長ホルモンの分泌に必要な亜鉛も豊富に含まれているので、積極的に摂取していきたいですね。

タンパク質を多く含む具体的な食材は、

牛肉、豚肉、鶏肉、レバー、卵、納豆、豆腐、鯖、鮭、にぼし、牡蠣、あさり、たらこ、ごま、アーモンド、ピーナッツ、牛乳、チーズなどです。

タンパク質は、身体を作るのにはとても重要な栄養素ですが、取りすぎは肥満の原因にもなりますので、取りすぎには注意です。また、スポーツをしている子は多めにとる必要があります。

カルシウム・マグネシウム

タンパク質で成長した骨を強くするのが、カルシウムとマグネシウムです。カルシウムの多い食品は、乳製品や小魚・大豆・野菜・海藻になります。

カルシウム・マグネシウムを多く含む具体的な食材は、

干しエビ、ししゃも、牡蠣、しらす、鯖缶、豆腐、納豆、豆乳、牛乳、チーズ、ヨーグルト、小松菜、ホウレンソウ、切り干し大根、ごま、ピーナッツ、ひじき、わかめ、バナナ、ピュアココアなどです。

カルシウムをとる際に気を付けたいのは、リン酸です。過剰摂取により血中のリン濃度が上昇すると、カルシウムが血中に流れ出してしまうということもあるそうです。
リン酸が添加物として多く含まれる食材には、インスタント食品やレトルト食品、ファストフード、ハムやウィンナー、ソーセージなどの肉加工品、清涼飲料水、スナック菓子などです。取りすぎには注意しましょう。

ビタミンD

カルシウムの吸収を高めるはたらきがあります。
ビタミンDは魚やきのこに多く含まれており、食べれば簡単に必要量が摂取できますが、反対に肉類や大豆、乳製品、野菜にはほとんど含まれていないことから、魚もきのこも入っていない食事では不足しやすくなりますので注意しましょう。

ビタミンDが多く含まれる具体的な食材は

鮭、鯖、にぼし、きくらげ、しめじ、えのきなどです。

他には、ビタミンB群やアルギニンなどのアミノ酸などがあり、これらの栄養素をバランスよくとるのがいいですね。

必要な栄養素の量は体の大きさによっても変わってきます。5歳の子供と中学生のお兄さんとでは、必要な栄養素が同じな訳ですよね。運動しているか否かでも変わってきます。そうなってくると、ちゃんと必要な栄養素をとるのって本当に難しいと思います。また、栄養を考えたメニューにしたとしても、それを全部子供が食べてくれるとも限りませんし・・・。

背を伸ばす食事とは?実際のメニューなどを考える。

先ほども言いましたが、ママが頑張って考えたメニューでも、子供が食べない場合もあります。また、ママがそこまで栄養が高い食事ばかり作れないこともあります。きっと頑張れば頑張るほど挫折してしまう可能性も高くなるのでは?と思います。
なので、ゆる~く構えて、長い目で見て、できるところから取り入れていくのがいいと思います!

朝食が大事!

お昼は給食という頼れる食事が待っていますので、こちらにお任せして大丈夫だと思います。給食はプロの栄養士さんが栄養のバランスを考えて作られたメニューなので、是非完食したいところですね。保育園や学校にお任せですが、みんなで食べる雰囲気もあって、家では食べないものも頑張って食べていることも多いようです。

そして、夕食は、ご飯があって、おかずがあって、さらにはサラダや小鉢などもある場合が多く、結構豊富な栄養を取ることができているのではないでしょうか?夕食の場合は、栄養素の高いメニューを意識すればよいメニューになると思います。

それに比べて、差が出るのが朝食です。

ご飯だけ、パンだけの場合は、栄養不足になっていることもあります。
和食の場合は、みそ汁の具を多めにしたり、納豆や冷ややっこやフルーツなどをプラスしたりできると思います。
洋食の場合は、ピザトーストにしたり、目玉焼きやウインナー、バナナなどをプラスしたり、牛乳を飲むようにしたいですね。

1日で必要な栄養素を考えた時、朝食は約3分の1になるので、非常に重要です。
何からはじめたらよいかわからない場合は、とりあえず朝食に1品増やすことからでいいのではないでしょうか。

間食も大事!

朝食と同じ考え方になりますが、間食でも必要な栄養素を補うという考え方をすると、スナック菓子ではなく、おにぎりやヨーグルトやフルーツやコーンフレークなど、なるべく食事の一部になるようなものにするとよいですね。

ショコラ
ショコラ
いやー、うちではすでにおやつはお菓子を食べる習慣があるので、変えていくのは難しいですね・・・干し芋とか、ヨーグルト、チーズあたりからはじめようかな。

家での食事は、楽しんでリラックスしたいものです。
あまり一生懸命になると親も子供もしんどいので、できるところから取り入れていくのが良いと思います。

子供用サプリメントは不足している栄養を補うのに最適!

子供によっては好き嫌いがあったり、小食で多くは食べられなかったり、ママが忙しくて毎食しっかりした食事が作れなかったり。色々悩みもあると思います。

お子さんの栄養が心配な場合は、サプリメントを上手に使って栄養を補ってあげるのもいいと思います。

牛乳が嫌いな子には、【アスミール】など牛乳に溶かして飲むタイプのサプリメントを使って牛乳が飲めるようになるかもしれません。長男はこのパターン。牛乳は嫌いだといって学校の給食以外では飲みませんが、サプリメントで味が変わると飲みます。

それもダメな子は、グレープフルーツ味のものや【せのびと~る】などのタブレットタイプもあります。

また、スポーツをしていて多くのタンパク質を必要としている子や、お肉や納豆などが嫌いで食べれない子は、プロテインでタンパク質を補うのもよいと思います。

ABOUT ME
ショコラ
ショコラ
2011年生まれの長男と2014年生まれの次男を育てている主婦、ショコラです。もう、男の子って訳わからん!未知の生物を育てているようです。 男の子育児で実践していること、悩んでいること、おススメなことなどを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください