お勉強

ヤマハっ子の特徴~幼児科出身の長男の話

我が家の長男(小1)は、年中からヤマハの幼児科に2年通い、小学校に入学してから個人のピアノ教室に変わりました。そこで明らかになってきた、ヤマハ出身の長男の特徴をまとめてみたいと思います。おそらく、ヤマハ出身の子は”あるある~!”と思っていただけるのではないでしょうか?

ショコラ
ショコラ
ヤマハと個人のピアノ教室の違いって何だろう・・・
そんな疑問にお答えします!

音符が読めない

これはもう仕方がないことですね。ヤマハ幼児科では、CDを聴く→ドレミで歌う→弾くという流れになっているので、楽譜を読む必要がありません。一応楽譜はありますがそれに従ってひいているというわけではなく、聞いて歌って覚えて弾いています。

一方ピアノ教室の方では、楽譜を見て「はい、聞いてください」と言われるので、長男はとても戸惑っていました。そして全然弾けない長男に対し先生は、「読めないのか~」と少しがっかりしていた様子でした。そんな長男は、バイエルはなんと【上】の一番はじめから!もう本当にドレドレ~♪みたいな感じからスタートですよ。2年の幼児科経験があるからもしかしたらバイエル【中】または【下】あたりからできるのではないかと密かに期待していた私はがっかりでした。

ショコラ
ショコラ
ヤマハの2年間は意味あったのだろうか・・・(T_T)

一方、お気楽な長男は・・・

長男
長男
バイエル超簡単!余裕!練習しなくても上手に弾ける♪

温度差が激しかったです・・・
でも、これが功を奏して?長男はバイエル弾くのが大好きになったのでした。

ピアノは弾けない

ヤマハの幼児科で使用する楽器は、エレクトーンです。
エレクトーンとは、鍵盤が上下2段に分かれていて、足で踏んでも音が出る楽器で、いろんな音やリズムを奏でることができます。エレクトーンは、鍵盤がとても軽く幼児でも簡単に押しただけですぐに音を出すことができます。また、鍵盤も小さいので、ピアノでオクターブ届かない私でもエレクトーンなら届くのです。

ヤマハの幼児科では、小さな子供でも弾きやすいエレクトーンでレッスンが進みます。また、手の形や抑揚などの表現については、ほぼ指摘されません。曲が終わったら「おばけの手」がかっこいい!というのはよく言われましたが、手の形がウンヌンとかは言われた記憶がありません。

したがって、ピアノに移行したときに、まずエレクトーンのようには弾けません。なんだか重そうに頑張って弾いていました。家の楽器が何なのかにもよると思いますが、教室ではピアノを弾く技術は養われませんでした。

ピアノ教室に入って、ピアノの演奏を習うのは初めてなので、まだまだこれからです。

耳は育った!

ヤマハ出身の子の最大の特徴って、これではないでしょうか。毎週毎週先生が弾くピアノの音を聞き、みんなで歌い、音あてクイズのような遊びをし、グレード試験(幼児科の場合は基礎グレード)に向けて聴音の練習をする。2年間毎回毎回繰り返しやってきたことは、確実に身についていると思います。

ピアノ教室に変わってから、聴音の練習をしたときでした。先生が弾いたメロディーを長男が歌うというものだったのですが、サラリと歌ったのでした。しかも、和音も聞き取れた!これには母がびっくり!なぜなら、幼児科時代には全然ちゃんとやらない問題児で、歌もふざけていたり歌いたくない!なんて言って歌わない日もあったりで、成長している様子があまり見られない感じだったので・・・だけど、そんな長男でしたが、耳だけはちゃんと育ってたんですね。なんだか少し実を結んだような感じがしてうれしかったです。

ショコラ
ショコラ
グダグダしながらも、がんばって幼児科通ってよかったわ~。
報われた~!!!(←大げさ)

ヤマハ出身の子の特徴まとめ

ヤマハ幼児科出身でその後ピアノ教室に変わった長男から感じたヤマハ出身の子の特徴をまとめてみます。

  • 楽譜が読めない
  • ピアノは弾けない(幼児科はエレクトーン)
  • 耳は育つ

他にも、移調(調を替えて弾くこと)ができるとか、アンサンブル(ほかのパートと一緒に弾くこと)が得意だったり、色々特徴があります。
ヤマハもピアノ教室も、どちらも違った魅力がありますね。始めるときはみんなで楽しくがいい!とか最初から本物のピアノで習わせたいとか色々あると思います。

我が家の次男は年少なので、そろそろピアノをはじめてもいいかなぁと考えています。
私としては、やっぱりヤマハから始めたいですね。

ヤマハ音楽教室の詳細はこちらから

ABOUT ME
ショコラ
ショコラ
2011年生まれの長男と2014年生まれの次男を育てている主婦、ショコラです。もう、男の子って訳わからん!未知の生物を育てているようです。 男の子育児で実践していること、悩んでいること、おススメなことなどを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください