おすすめ商品

うんこ漢字ドリルは男の子に響くのか?うちの男子に与えてみた感想

もうみなさんご存知だと思いますが、今大人気のうんこ漢字ドリル。
「うんこ」が大好きな男の子にヒットするだろうと簡単に想像がつきますが、実際に取り組んでみてどんな感じだったか、まとめてみたいと思います。

うんこ漢字ドリルってどうなの?本当に効果あるの?と思っている親御さん、
うんこ漢字ドリルなんてやったら下品になりそうで不安に思っている親御さんに向けて記事を書いています。

うんこドリルを男の子に与えてみた効果を検証してみた。

ページを開く手助けにはなる。
面白い例文が載っているし、堂々と「うんこ」という言葉を発することができるうんこドリル。毎日コツコツやるようになるきっかけ作りには最高のドリルだと思います。
うんこが出てこなくても毎日続けられるくらい習慣化すると理想的ですね。

漢字を覚えるかどうかは本人次第。
ただ、本来の目的の「漢字を書けるようにする。漢字を覚える」ということに関しては、やはり本人次第だと思います。
結局のところ普通の漢字ドリルなので、繰り返し見て、書いて覚えていかないと覚えられませんよね。また、全ての漢字にうんこに関する例文があるのですが、現実味がないので(←当たり前ww)親が補足してあげるとより理解しやすくなるかもしれませんね。

下品になってしまうようなことはないと思います。
これは、ママ個人の感想ですが、うんこドリルに取り組んだからといって、下品になってしまったとか、うんこの話ばかりして困るという事態には陥っていません。
うんこは元々大好きでしたので今に始まったことでもないですし、日々取り組んでいくと、ドリルの中のうんこにはいちいち反応しなくなります。もはやただの漢字ドリル状態に。

きっかけとして、興味をもち、自分からやりたいと言ってくれたことがうれしかったので、それだけでも意味があるかと思います。

うんこドリルをはじめたきっかけ

うちの子達の場合、いとこが持っていたから。その背景には、面白いもの好きなおばあちゃん(私の母)が買い与えていて、それに取り組んでいるのを見た時、「オレもやりたい!うんこ漢字ドリルほしい!」ということで、その場で買いに行ったのがきっかけでした。

ショコラ
ショコラ
進研ゼミをやっているんだからそれで十分でしょ?

ショコラ
ショコラ
うんこが載っていようといまいと、漢字練習なんてしないでしょ?

と思っていたのですが、買ってもらった次の日から、毎日1ページずつ(次男は1文字ずつ)コツコツ取り組んでいる様子を見ると、あながち「うんこ」も捨てたもんじゃないなって思ったんです(笑)

子供達のうんこドリルの取り組み方

現在、小2の長男は、「うんこカタカナドリル」「うんこ漢字ドリルテスト編(小1)」がちょうど終わったところです。毎日1ページずつ取り組んでいました。

うんこうんこと騒いでいたのは始めだけで、その後は漢字ドリルとして淡々と日々続けていました。もはや例文もあまり読んでない?っていうくらいに。

ただ、テスト編は少し難しくて、王道な読み方だけでなくちょっと変則的な読み方も登場するので、読めなくて「わからん~」と困っていることもたまにありました。(例えば、七夕の読み方とか)

年中の次男は、「うんこひらがなドリル」を終え、現在は「うんこカタカナドリル」に取り組んでいます。毎日1文字ずつ取り組んでいます。

こちらも、「うんこだ」と喜んでいたのははじめだけで、あとは淡々と字の練習になっていました。たまにママが例文を読んであげると笑って喜んでいました。←例文なんて全く読んでないのか?

ひらがなドリルは例文もたくさん載っていてよかったですが、カタカナドリルはほとんど例文ありません。横にちょこっとうんこが登場する挿絵があるくらい。うんこ要素少な目です。

どちらの子にも言えることですが、家の中で「うんこ」という単語を堂々と使えるようになり、我が家の中のうんこの格が上がったような?そんな不思議な感じがあります。

ショコラ
ショコラ
今日うんこ(ドリル)やった?

長男
長男
うんこはやったよ!

みたいな会話が毎日飛び交っています。(←「うんこ」言いたいだけだろうが!)

うんこドリルの作者によるうんこドリルへの想い

うんこドリルの作者は古屋雄作さん。脚本家、演出家、映像ディレクターとして活躍されている方です。

「うんこ漢字ドリル」に登場する3018個すべての例文を考えられたそうです。

教育書として胸を張れるものにしたかったと語っており、うんこの物質的な嫌悪感を抱かせるようなものから遠ざけるように、いじめの原因になりそうな例文、子供にあまり見せない方がいいような例文はとことん削ぎ落として、今の例文ができあがったのだそう。

⇒うんこ漢字ドリルの作者 古屋雄作氏のインタビュー記事はこちらから

ショコラ
ショコラ
うんこだけど、すごく考えて作られているんですね~。

たしかに、ププッて笑ってしまうくらいのかわいい例文が多いです。これなら親にも受け入れられますね。

うんこドリルの種類と値段

大ヒット中のうんこドリル、実はとてもたくさんの種類があります。

まずは、幼児向けドリル 定価:980円+税

ひらがなのキャラクターは「いぬ」で、カタカナのキャラクターは「ねこ」、ちえのキャラクターは「ぶた」、すうじドリルは「ぞう」。もはやうんこでもなんでもないですが(笑)でも、中にはちゃんとうんこのイラストが出てきます。

次男(年中)は、「うんこひらがなドリル」を終了し、現在は「うんこカタカナドリル」に取り組んでいます。これが終わったら、「うんこちえドリル」に行こうかなって、ママの方がハマっとるやないかい!って話です。

次は、漢字ドリル 定価:980円+税

普通の「うんこかん字どりる」と「テスト編」の2種類があり、小学1年生用から6年生用までそれぞれあるので、合計12種類あります。

最後に計算ドリル 

 

うんこに関する文章問題の「うんこ算数ドリル 定価:1150円+税」と「うんこ計算ドリル 定価:680円+税」の2種類があるのですが、小学3年生までが対象となっています。また、計算ドリルは、「たし算」「ひき算」「かけ算」などとカテゴリ分けされています。

 

ABOUT ME
ショコラ
ショコラ
2011年生まれの長男と2014年生まれの次男を育てている主婦、ショコラです。もう、男の子って訳わからん!未知の生物を育てているようです。 男の子育児で実践していること、悩んでいること、おススメなことなどを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください