おすすめ商品

いきなり補助輪なし自転車に乗れた!3ステップで簡単な練習方法【長男編】

自転車の練習と言って思い出すのは、”膝を擦りむきながら、転んでも転んでも、頑張って練習して乗れるようになるもの”というイメージ。昔、自分が小さかった頃はこうやって練習していませんでしたか?

長男
長男
痛いの嫌い!根性なんてないし、練習とか無理~

そんな長男の性格はわかっていたので、補助輪なし自転車はなかなか乗れないだろうな・・・そう思っていたんです。

ところが、いざやってみたら、1回も転ぶこともなく、スーッと乗れたんです!
これには、ママの方がびっくり!!!
あの運動苦手な長男がいきなり乗れたことにも驚きましたが、自分が子供の頃にした苦労は必要ないということに、とにかくびっくりでした。

それでは、実際に長男が、どんなふうに自転車の練習したのかお話しします。
(注意:この方法は長期スパンの練習方法です。たった1日で乗れるようになったとかではないので、ご注意ください。)

【ステップ1】足蹴りバイクを乗りこなす!バランス感覚を養う。

足蹴りバイクとは、ストライダーで有名ですが、ペダルがついてない、足でこぐ自転車です。バランスバイクとかランニングバイクとか、色々な呼び名があります。

長男には、3歳の誕生日に足蹴りバイクをプレゼントしました。
ストライダーが有名ですが、ストライダーにはブレーキがないのでブレーキがあるものを選んで与えました。平均より少し小さめ身長の長男の場合、3歳で乗り始めるのにはちょうどいい大きさでした。

 

足蹴りバイクを乗りこなす目安は?

足蹴りバイクを与えた当初は、一応またいで足で進んでみるけど、サドルには座らずに自転車をまたぎながら歩いている状態。自転車がない方がはるかに速いだろうけど、お兄さんみたいなかっこいい自転車がうれしいようで、よく公園などに持って行って乗っていました。

慣れてくると、しっかりとサドルに座って、足でこいでいくようになります。スピードも速くなって、自分でハンドル操作をして好きな所へ行けるようになります。少し坂になったところは、漕がなくても進めるので楽しめるようになります。

そして、自分で足で漕いでスピードに乗り、そのまま両足を地面から離して、シャーッとのれるようになったら成功です。自分でバランスをとって乗っているのです。
このようになれば、乗りこなせたと言ってもよいでしょう。

【ステップ2】補助輪付き自転車を乗りこなす!漕ぐ力を養う。

足蹴り自転車にうまく乗れるようになったら、次は補助輪付きの自転車です。
足蹴りバイクよりも本格的な自転車で、大きいし重いし、これまたお兄さんになったような気になって子供も喜びます。

我が家は4歳の誕生日に与えたのですが、16インチの自転車にしました。
ネットで安いものを探して買ったので、とくにスポーツタイプでもなく、ママチャリタイプの普通のものにしました。ものにもよりますが、18インチとも迷ったのですが、うちが買った自転車は、わりと大き目だったようで、足がなんとかつくくらいでした。よって、16にしておいて本当によかったと思いました。

長男は、3輪車が全然自分で漕げなかったので、この自転車に乗るのに苦労しました。
ペダルを回すだけの足の力がなかったのです。また、足蹴り自転車を乗りこなしていたので、そちらばかり乗りたがり、なかなか練習もできませんでした。
ですので、年少のうちは乗る機会もあまりなく、年中になり暖かくなったくらいから半ば強制的に乗せて練習しました。「公園は、この自転車でしか行かない!」なんて意地悪なことを言ったりもしました。(←長男ごめんよ。そうともしないと乗らなかったので)

結局1年くらい乗ったでしょうか。なんとか足の力もついてきて、わっぱ付き自転車にも自由に乗れるようになりました。ブレーキの仕方やハンドルさばきなども、この時期に覚えました。
さて、その次は、いよいよ補助輪を外しますよ!
(注意:3輪車を乗りこなしていたりして、足の力が強い子はこの工程を飛ばしてもよいかもしれません。)

いざ!補助輪なし自転車に挑戦!!

足蹴りバイクで上手にバランスを取ってのれるようになり、補助輪付き自転車を自分で漕いで乗れるようになったら、いよいよわっぱなし自転車に挑戦です。

パパに補助輪を両方とも外してもらい、足がしっかりと着くようにサドルの位置を調整してもらったら、自転車を持って、自転車が走れる公園へ行きました。

長男が自転車にまたがって、ママが荷台を支えて一緒に走りました。そして、スピードに乗ってきたらそっと手を放します。すると、そのままシャーッと走り続けているではありませんか!まだハンドルさばきがうまくできないので、一番端まで行って曲がる手前まで、または漕ぐ力がだんだん弱くなってきて止まってしまうまで、一度も転ぶことなく走れました。何度やっても転ばないんです!これにはママの方がびっくりです。

ショコラ
ショコラ
あの運動音痴な長男が、一回も転ばずに自転車に乗れるようになるなんて、足蹴りバイクって本当にすごいな…

こんなこというなんてあれですけど、うちの長男は本当に運動音痴なんですよ。走るのも遅いし、逆上がりも雲梯もできない!大きい滑り台も怖くて滑れない(次男はガンガン滑りますけど…)というビビリで何もできないタイプなんです。でも、そんな長男でもいきなり補助輪なし自転車に乗れるようになったことにすごく驚いています。
これって、やっぱり足蹴りバイクでバランス感覚を養ったおかげではないでしょうか。

補助輪を外した自転車は整備もしっかりしましょう。

補助輪を外してしまうと、自立しなくなるので、ホームセンターなどで自転車のスタンドを購入して取り付けてあげましょう。簡単に取り付けできるので、補助輪を外すついでにスタンドもつけてあげるとよいと思います。スタンドは2種類あり、ママチャリみたいにガッチャンと後ろのタイヤを持ち上げて止めるタイプと、1本のスタンドで片側に少し斜めに立てかけて止めるタイプがありますので、お好みのものを用意してください。うちは後者の片側スタンドタイプにしました。

また、自転車の空気もしっかりチェックしてから乗りましょう!

【ステップ3】お友達の力は絶大!乗れるようになりたいという気持ち

なんとなく乗れるようになった長男でしたが、まだ漕ぎだしがうまくできず、自分で発進しようとするとふらつき倒れたりして、痛い思いをして、「もう乗りたくない!」なんて言ったりと、移動手段として実用的に乗りこなせずにいました。
見た目はわからないくらいのゆるーい坂で練習させたり、また公園まで持って行って乗せたりしましたが、なかなかうまくならない。

そんな日々に変化が訪れたのは、1年生になり、近所に新しいお友達ができたころでした。そのお友達が自転車を上手に乗りこなしていたのです。「一緒に公園いこ!」なんて、自転車で走っているお友達を見て、はじめは足蹴りバイクでついていったりしていたのですが、きっと自分で自転車に乗れるようになりたかったのでしょうね。あっという間に上手に乗れるようになり、今では立派な移動手段に使っています。

これには、特別練習をしたわけではなく、友達に置いて行かれないように「待ってー!」なんて言いながら、なんとか乗っているうちにスイスイ走れるようになりました。
小学生にもなると、親の力よりも友達の力がやる気を引き出すようです。親として少し寂しい気持ちもありますが、成長を感じる出来事になりました。

ただ、乗れるようになったらなったで危ないし、行動範囲もぐっと広がって、また違うことで心配することになりそうです。。。

自転車の練習のコツまとめ

  1. バランス感覚を養う。
    足蹴りバイクでもいいし、自転車のペダルを外したものでも練習できると思います。
    自分で足で漕いで勢いをつけ、足を両方地面から離してシャーッと乗れるようになるまで練習するとよいと思います。
  2. 自分の足で漕ぐ力を養う。
    三輪車でも補助輪付きの自転車でもよいので、自分の足のちからでペダルを回して進むという感覚を覚える。右、左、右、左と漕いで進むということを覚えて、足の力がない子はとにかく力がつくまで練習する。漕げないことには補助輪なし自転車には乗れませんから。
  3. お友達の力でやる気を引き出す。
    そして、最後は精神論になってしまいますが、自転車に乗りたい!乗れるようになりたい!と思えないとくじけます。痛いし、重いし、もう嫌だと言い出します。
    みんなと一緒に自転車に乗りたい!一人だけ乗れないなんて嫌だ!とか、なんでもいいので乗りたいという気持ちが大事!お友達でなくても、お兄ちゃんや家族と一緒に自転車に乗りたい!と思えたりするとよいと思います。
    どうしてもやる気がない子の時は、お友達の後ろを走ってついていかせればよいと思います。そのうちやりたい!と自分から言い出すと思うので、その時がタイミングなのではないでしょうか。
  4. 自転車は扱いやすい小さめがおススメ
    練習中はフラフラすると怖いので、またがったときに両足がべったりと地面に着くくらい、少し小さめの自転車がおススメです。小さめの自転車の方が軽いので、扱いやすいと思います。重いと倒れている自転車を起こしたりするのが大変だし、ハンドルの扱いも難しく、それだけでもくじけやすくなると思います。
    スイスイ乗れるようになったら、かっこいいお兄さん自転車に買い替えるのがおススメです。
ABOUT ME
ショコラ
ショコラ
2011年生まれの長男と2014年生まれの次男を育てている主婦、ショコラです。もう、男の子って訳わからん!未知の生物を育てているようです。 男の子育児で実践していること、悩んでいること、おススメなことなどを書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください